エンディングノートzoomワークショップ 夏の朝活

死と向き合うことは真摯に生きること

もしも明日、この人生が終わるとしたら?

お葬式の連絡をしてほしい友人へのお知らせ

形見分け

SNSアカウント・メールやホームページの閉鎖…

人一人が亡くなることは、生まれる時と同じか、

あるいはそれ以上にするべきことが盛りだくさんです。

ところが「死」について口にすることは「縁起が悪い」とされ、

アンタッチャブルな風潮があります。

でも、私は思うのです。

死に対して、

よくわからないものとして漠然とした

不安を抱いているよりも、

死に伴って必要な準備をしておくこと。

そうして、死と向き合うことは、

真摯に生きることへと

繋がるのではないのでしょうか?

夏の朝活!エンディングノートを作ろう

『君の膵臓を食べたい』のヒロイン桜良は

膵臓の病気で残り少ない命でしたが、

同級生の「僕」と思い出を重ねていきます。

どんどん弱っていくように見えた桜良でしたが、

一時退院が許可され、

二人は外で会うことに。

ところが、いくら待っても桜良は来ませんでした。

待ち合わせ場所に来る途中、

以前から世間を騒がせていた通り魔によって、命を落としたのでした。

おそらく作品を見ていた観客の誰もが、

最後は病が二人を分かつのだろうと信じて疑わなかったのでは?

人生100年時代と言われます。

もしかしたら、今、50代の人は、

ようやく人生の半ばまで来たくらいなのかもしれません。

一方で、私たちの誰もが

「明日、人生が終わる可能性」をもっていることも事実です。

ですから、私たちは「プランH=100年人生」と

「プランT=明日、終わるかもしれない人生」、

2つのプランを立てておく必要があるのかもしれません。

そこで活躍するのが、「エンディングノート」。

このワークショップでは、形見分けしたい相手、

SNSアカウントの情報、

お葬式の連絡をしてほしい友人リスト…など、

自分の死後の諸々がスムーズに進むためのノート作りをします。

そして、「私がしてほしい理想のお葬式」など

普段、あまり語り合う機会のないテーマについて、

自由にディスカッションしていきます。

全国どこからでもご参加頂けるzoomによるオンラインクラスです。

こんな方にオススメのワークショップです!

現状をスッキリ整理したい方
死について漠然とした不安を感じる方
ご家族やスタッフさんに引き継ぐものがある方
今、人生の転機だと感じる方
墓守や墓仕舞いについて思うことがある方
ご自分のお葬式をクリエイティブなセレモニーにしたい方

 

エンディングノートワークショップ詳細

  • zoomによるオンラインクラスです。
  • 日程:2024年 7/27(土)
  • 時間:午前10時~11時(1時間)
  • 参加費:1,000円(税込)
  • 送付物:事前にPDF版エンディングノートをメール添付またはチャットからお送りいたします。
    プリントアウトしてご使用ください。

講師紹介

プロフィール

阿部小百合
日本各地を旅する講演活動20年。講座中、随所にお笑いと1人芝居が飛び出すことから「ぴぃちゃん劇場」と呼ばれるように。長年の旅暮らしの反動で、今度は「家から出ないでどこまで仕事ができるか?」にチャレンジしてみたくなり、コロナ流行より前に仕事を全てオンライン化。現在は、庭で有機野菜を栽培しながらオンライン講座をメインに活動。

【資格・キャリア】

東京都墨田区出身 
群馬大学教育学部国語国文学科卒業
精神科学研究室シルフェ 主宰(1999年より)
元オーラソーマティーチャー(1999年~2019年)
クリスタルコンサルタント養成講座講師(2003年より)
西洋星学講座講師(2003年より)
エリックスエッセンスティーチャー(前進を含め2005年より)
シュタイナー研究家(2010年より)  
日本エリックスエッセンス協会副会長(2014年より)
起業女子のためのビジネス講座(2020年より)
オンライン劇脚本家(2020年より)
シュタルナライフアカデミー校長(2021年より)

エンディングノートワークショップ お申込フォーム

                      

    お申込イベント

    必須お名前

    必須メールアドレス

    必須携帯電話番号

    必須郵便番号

    必須都道府県

    必須市区町村

    必須それ以降

    必須生年月日

    PAGE TOP